静岡県立朝霧野外活動センター
指定管理者:日本キャンプ協会グループ
〒418-0101 静岡県富士宮市根原1番地 TEL 0544(52)0321 E-MAIL asagiri@camping.or.jp

安全なキャンプのために((公社)日本キャンプ協会編)


Part1

安全なキャンプを行うために気を付けたいポイントを、準備から帰宅後までの流れに沿って紹介しています。(2000年5月1日発行/平成12年度用寄付金付きお年玉郵便葉書等寄付金事業)

【CONTENTS】
・キャンプに出かける前の安全
・キャンプに出かける日の安全
・キャンプ地での安全
・キャンプから帰る日の安全
・キャンプから帰ったあとの安全
・キャンプに対するあなたの安全度チェック


Part2

キャンプなどの野外での活動で遭遇しやすい危険についてまとめています。(2001年5月1日発行)

【CONTENTS】
・河原での水難事故に気をつけましょう
・落雷事故に気をつけましょう
・危険な動植物に気をつけましょう
・用器具の扱い方に気をつけましょう
・体調に気をつけましょう


Part3・野外調理編

(更新中)

自然の中での調理はキャンプの楽しみのひとつです。しかし、慣れない環境で、日常あまり使わない刃物や火を使うため、切り傷ややけどなどの事故も多く起こります。イラストでわかりやすく、野外料理における危険と安全対策についてまとめています。(2003年5月1日発行)

【CONTENTS】
・楽しい野外料理!!
 でも事故が起こったら楽しさも半減…
・ストーブ、コンロ、着火剤による
 事故に気をつけて
・怖い食中毒
・刃物の知識と使い方を身につけよう
・かまどの安全なつくり方
・お湯や油が沸騰したときの危険


Part4・危険を学ぶ

キャンプで想定されるさまざまな危険を10の場面のイラストで示し、楽しみながらキャンプの安全について考えます。(2003年9月9日発行)

【CONTENTS】
 1.テント設営での危険
 2.キャンプ場での危険(昼間)
 3.キャンプ場での危険(夜間)
 4.野外料理での危険(総合編)
 5.野外料理での危険(燃焼器具編)
 6.野外料理での危険(調理用具編)
 7.ハイキングでの危険
 8.川遊びでの危険
 9.海辺での危険
 10.キャンプファイアーでの危険


Part5・水辺の活動の安全

水辺の活動はとても楽しいものですが、ひとたび事故が起こると重大事故になりがちです。この冊子では、事故の起こりやすい状況や事故を起こさないための対策をまとめています。(2004年8月31日発行)

【CONTENTS】
 ・水の事故の恐ろしさ
 ・川を知って川に親しむ
 ・海を知って海に親しむ
 ・湖や池を知って湖や池に親しむ
 ・水泳や水遊びの安全


Part6・野山の活動の安全

ハイキングや登山などの野山での活動中に起こるさまざまな事故とその予防方法、応急処置についてまとめています。(2005年7月17日発行)

【CONTENTS】
 ・野山の活動中におこるいろいろな事故
 ・年々増加する山の事故
 ・計画・準備が事故を防ぐ
 ・服装や用具が事故を防ぐ
 ・安全に野山を歩くために


7・事故事例に学ぶ

キャンプで実際に起こった事故をもとに、キャンプの安全対策や事故予防を知ることができます。(2006年7月24日発行)

【CONTENTS】
 怖い!ハチのひと刺し
 水の事故
 落雷
 熱中症
 山登り・ハイキング中の事故(落下・道迷い)
 カセットコンロによる事故
 着火剤による事故
 油断大敵!食中毒


Part8・楽しく学ぶキャンプの安全

キャンプにおける安全の問題は非常に重要であるがために、今までの安全教育は堅苦しく、重々しく、楽しくないものになりがちでした。この冊子ではゲームや話し合いを通じて、楽しくキャンプの安全を学ぶ方法を提案します。(2007年7月15日発行)

【CONTENTS】
 ・危険予知エクササイズ
 ・リスクマネジメントエクササイズ
 ・〇×問題を使ったゲーム
 ・三択問題を使ったゲーム


Part9・役に立つファーストエイド

キャンプ中に起こりやすい、すり傷、切り傷、打撲、虫さされ、熱中症などの対処方法をまとめています。キャンプを始めたばかりの方にも、対処法を改めて確認したいという方にも役立ちます。(2008年7月20日発行)

【CONTENTS】
 ・キャンプ場でこそ応急処置が重要
 ・応急手当の基本
 ・傷(きり傷、すり傷、刺し傷、目や口の傷、鼻血)
 ・やけど
 ・打撲/ねんざ/肉離れ
 ・骨折
 ・虫さされ/かぶれ
 ・熱中症
 ・CPRとAED
 ・中毒
 ・My救急箱を作ろう
 ・情報について


Part10・キャンプを企画する人のためのリスクマネジメントのてびき

キャンプ中に起こりやすい、すり傷、切り傷、打撲、虫さされ、熱中症などの対処方法をまとめています。キャンプを始めたばかりの方にも、対処法を改めて確認したいという方にも役立ちます。(2008年7月20日発行)

【CONTENTS】
 ・キャンプ場でこそ応急処置が重要
 ・応急手当の基本
 ・傷(きり傷、すり傷、刺し傷、目や口の傷、鼻血)
 ・やけど
 ・打撲/ねんざ/肉離れ
 ・骨折
 ・虫さされ/かぶれ
 ・熱中症
 ・CPRとAED
 ・中毒
 ・My救急箱を作ろう
 ・情報について