静岡県立朝霧野外活動センター
指定管理者:日本キャンプ協会グループ
〒418-0101 静岡県富士宮市根原1番地 TEL 0544(52)0321 E-MAIL asagiri@camping.or.jp

野外技術?



新横浜の駅を降りて6~7分歩いたところに「ラーメン博物館」がある。人並みにラーメン好きの私は何度も訪れている。但し、博物館と言っても学芸員はいない。日本の有名ラーメン店の中から選ばれた行列の出来るラーメン屋さんが出店していることで有名だ。そして、ここの博物館のもう一つの売りは館内が昭和30年代の雰囲気に統一されていることだ。夕暮れ時の下町という設定もなかなかに郷愁を誘うものがある。運がよければ30年代のお巡りさんや小ガキ生に会える。(但し、劇団員(らしき人)の扮する子どもだ)時々ベーゴマなどを実演していて、そのヘタクソ振りに団塊の世代の私などは思わず手を出しそうになるが理性でそれを抑える。(これが大人の分別というものだ) あの頃は・・・などと感慨にふけりながら、夕暮れ時の光景を思い出したりする。 


あの頃は各家庭の屋根には必ず煙突がくっついていたものだ。夕方になるとご飯を炊く煙、風呂を沸かす煙がそれぞれの細長い筒の先っぽから立ち上っていた。我が家では風呂を沸かすのは子どもの仕事だった。薪を組み、その隙間に新聞紙を丸めてマッチで火をつける。これは子どもの日常的所作であった。しかし、時代が代わってマッチで火をつけることは非日常的体験となってしまった。現代ではこれを野外技術という。火を焚いてご飯を炊くことも同様である。
生活が進化し新しいステージが広がり、そこで生きるために必要な技術が生み出され、使われなくなった技術は忘れ去られる。これは道理である。我が家からマッチという存在が消えて既に20年は経った。(そう言えば、マッチというアイドル歌手がTVから姿を消したのも20年くらい前だったかも-これは若い人には分かりにくいジョークだ)マッチで火を点けることは巧緻性の訓練になると言い、薪で飯を炊くことは地震などの災害時に生き抜く力と業を修得する云々という。何もそのことを否定する訳ではないが、せめてそれを習い、学ぶことが日常の私たちの生活の中でどのような意味を持つのかをしっかりと考えながら野外技術を身につけたいものである。

ページの先頭へ